眼精疲労に効く成分

疲れ目

現代人の多くが眼精疲労に悩まされています。現代人は長い時間パソコンやスマートフォン、タブレット端末等を見続ける環境に身をおいている人が多いです。そうなると当然目を酷使し続けることになりますから、眼精疲労が起こってしまうのです。多くの人が抱える目の悩みとしては「目がしょぼつく」、「目の痛み」などが一般的です。この直接眼に症状が現れる眼疲労をそのままにしてしまうことで眼精疲労を引き起こしてしまうのです。眼精疲労の症状としては「目の疲れ」に加えて「肩こり」、「頭痛」、「めまい」、「吐き気」などがあります。これらは軽い症状の物もあれば、寝込んでしまうほどの物まで様々です

眼精疲労が起こってしまう原因には複数あります。1つめの原因としては近視や乱視などの症状です。眼は物を見る際には眼の筋力を使用してピントを合わせます。眼球周辺の筋肉に緊張状態が続く近視や乱視になります。そして一度近視状態になると遠くのものを見ようとした際、筋肉にさらなる負荷がかかるのです。すると自然に前かがみになる姿勢が続いたり、肩や腰の筋肉に余計な負荷がかかった状態が続いたりすることで肩こりや頭痛の症状へと繋がるのです。2つ目の原因としてはドライアイでしょう。ドライアイは目を長い時間使用し続けることで目が乾燥した状態です。眼の疲れの他にも痛みを感じることもあります。眼精疲労を回復させるためにはアントシアニンという成分を多く含んだブルーベリーやブドウ、黒豆などの食品を積極的に摂取すると良いでしょう。またビタミンAも眼精疲労には効果的です。食品以外にもサプリメント等を取り入れるとより効率良く、眼に良い成分を摂取することが出来ます。

Copyright© 2016 プラセンタやエクオールで女性悩み改善|解決Ladiesマニュアル All Rights Reserved.